加地等 / The Essential KAJI HITOSHI GREAT FOLK SINGER 1970-2011

孤高のフォークシンガー加地等の遺した、数多くの楽曲群から選りすぐりの15曲を収めたオールタイム・ベストアルバム

収録曲目
1.私のブルース
2. フェラチオしておくれ
3. 春の電車
4. 酒
5. ある雨の日の出来事
6. 青春のしぶき
7. とりあえずヤリマン
8. 僕はダメ人間
9. 君のスパゲッティー
10. チーズ・キムチ・チンポ
11. 結婚しようか
12. これで終わりにしたい
13. メリークリスマスフォーユー
14. ヘイミスターあしたのジョーイ
15. 私の愛は素敵なものよ

2011年2月2日、一人の男が40歳にてひとり静かに此の世を去った。孤高のフォークシンガー、加地等。
酒と音楽をこよなく愛した彼だが、09年に新作を発表後、翌年に行われたアルバム発売イベント以降、活動が沈黙してしまう。社会との折り合いがつけられない葛藤の中、精神的に不安定な日々が続き、最期は自室にて亡くなっているのが発見された。彼をフェイバリットに挙げるミュージシャンも多く、親交の深かった豊田道倫により行われた追悼イベントには曽我部恵一や三輪二郎など、数多くのミュージシャン等が参加し、彼の死を慎んだ。

今作は、ソロシンガーとして彼の遺した数多くの楽曲群から選りすぐりの14曲(+未発表1曲)を収めたオールタイム・ベストアルバムであり、加地等の遺した世界の入り口に最適な作品となっている(収録楽曲は、実行委員とファンの投票により決定)また、今作には生前最期に録音された楽曲、『私の愛は素敵なものよ』(Original Version)が初収録されている。この楽曲は、映画『官能コレクター』(出演:桜木凛)のエンディング・テーマ曲にて書き下ろされた新曲であり、映画ではツージーズY子/岡敬士による演奏にて使用されている。

マイペースにマニアックながらも、各方面から熱狂的な支持を受けつつ活動。特に歌詞には唯一無二の世界観があり、その独特のスタイルに数多くのリスナーとミュージシャン達が魅了された。2011年2月2日、肝硬変により四十歳の若さで死去。
2012年には映画「加地等がいた –僕の歌を聴いとくれ-」(堀内博志監督作品/2011年)が公開された。

大阪上映後のミニライブでは、えむじか祇園店店長でもある、タカダスマイルがオリオン座をカバーした。

¥ 1,620

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料500円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価